私たちでなければ出来ないことがあります

 

“いつでも、どこでも、誰もが最善の医療・福祉を”その情熱が私たちのエネルギーです

 

高齢者が充実した暮らしを家庭でもできるよう積極的にデイケア・リハビリを行う、看護・介護技術の向上に絶えず努力する、を謳っております。コスモスでなければできない最善の介護・福祉と看護・医療を提供させていただきますので、安心してご利用していただきたいと存じます。

 

↓コスモスのパンフレットはこちらよりダウンロードできます

ダウンロード
コスモスパンフレット.pdf
PDFファイル 1.5 MB
ダウンロード
お知らせのポスターをダウンロードできます。
ほほえみカフェお知らせポスター.pdf
PDFファイル 515.1 KB

9/4 おやつ作り(フルーツあんみつ)

 月に一度、コスモスではおやつ作りを行っています。9月は4日の午後に「フルーツあんみつ」を作りました。

 作業工程として、まずバナナを包丁で薄く切り、容器にシロップ・フルーツを盛り、最後にあんこをトッピングし完成です。女性利用者様はエプロンを着て、生き生きと手際よく作業をして下さり、「美味しく出来たよ」と大変喜ばれていました!

口腔ケア委員会より

 86( TK株式会社様より講師をお招きし、一般棟入所者の方を対象に“口腔ケア”について勉強会を開催しました。なぜ口腔ケアが必要なのかについて理解を深めると共に、実際に使用されている歯ブラシとコップを持参して頂き、正しいブラッシングを実践形式で学ました。口腔ケアをしっかり行うことで口の中が清潔に保たれます。そして口腔機能が回復することにより正常な味覚が戻り、同時に食べる楽しみが増し、体だけでなく心の健康にも繋がります。

 今後も入所者様の生活の質が向上し、いつまでも元気に自分らしく生活できるようにアプローチしていきたいと思います。

 

安全対策委員会より

 安全対策委員会では、事故についての原因や対策を常に考え、日々事故防止に努めています。しかし、事故をゼロにするということは、実際にはなかなか難しいことです。

 そこで、スタッフだけではなく利用者様にも事故防止について理解していただき、利用者様ご自身の不注意が原因となる事故を少しでも減らしたいという観点から、なごみ棟(一般棟)利用者を対象に勉強会を開催しました。①介護老人保健施設の役割、②筋力を低下させないための過ごし方、③補助具(車椅子、歩行器、杖)の正しい使用方法、以上の3点を学びました。

 とても反響が大きく、利用者様自身の意識付けのきっかけとなる有意義な勉強会になったと感じています。これからも安全対策委員会をはじめ、スタッフ一同で事故防止に努めて参ります。ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

       

↑よくある事故の例を職員が実際に再現    


8月19日 入所・通所合同盆踊り大会

 8/19(日)に入所・通所合同盆踊り大会を開催致しました。浴衣を何十年ぶりに着る方や、女性の利用者様の中にはお化粧を久しぶりにされる方もいらっしゃり、少し照れながらも皆さんとても嬉しそうな笑顔で着付けやお化粧をされていました。

 いざ太鼓の音が響き渡ると、普段は歩行器に掴まりゆっくり歩いている方も、背中がピンと伸びとても綺麗な姿勢で踊られていました。また、しばらくぶりで踊れないと言っていた方も、体が覚えていたのか、自然に踊り始めていました。 

職員は前々から準備を進め、会場の設営や浴衣の準備等をし当日を迎えました。ボランティアに来て頂いた厚別西老人会の皆様、厚別西本陣寿太鼓の皆様をはじめ、多くのご家族様に参加頂き盛大に盆踊り大会を行う事が出来ました。